えんた速報

更新

リンク

カテゴリ

プロフィール

オランプ

Author:オランプ
FC2ブログへようこそ!


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード
QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





なんでゲームの映画化って100%失敗するんだろうな?
ゲーム 映画化に関連した画像-01

ビデオゲームの映画化はなぜ失敗するのか、ハリウッドのベテラン2人がビデオゲーム映画が秘める可能性に言及 ≪ doope! 国内外のゲーム情報総合サイト

<・

ビデオゲームをテーマに扱った映画に隠れた名作が多く存在する一方、ビデオゲームの映画化に限っては、
“スーパーマリオ 魔界帝国の女神”からルパートフレンド主演の“Hitman: Agent 47”に至るまで、(愛すべき作品は数あれど)未だ一般的に成功と呼べる作品はほぼ1本も存在しないと言って過言ではない状況が続いています。

そんな中、ロイリーとエイドリアン・アスカーリ監督がビデオゲームの映画化を巡るパネルディスカッションにてビデオゲームの映画化が失敗する理由と、ビデオゲーム映画が秘める可能性について、興味深い見解を明らかにしましました。
ゲームをプレイしない多くの聴衆に訴求するためにはバランスが必要だ、映画を作ることそれ自体に原作者、ゲーム開発者たちを参加させる必要があります。
しかし、ゲームの映画化における最大の問題点は、“その作品を生んだ当のクリエイターと深い関係を持たない”ことにあると明言。

さらに監督は対比として、近年台頭著しいマーベル映画を例に挙げ、マーベル自身が映画を手掛けはじめたことによって、マーベルは文字通り素晴らしい成功を収めたと説明。

ビデオゲーム映画を成功させる最も重要な鍵はここにあると語り、映画製作者には熱烈なビデオゲームファンが存在しており、ここにデベロッパやパブリッシャーが深く関与するべきだと強調

思えば、長い間コミックの映画化についても、ビデオゲームに似た長い冬の時代が存在していましましましたが、やはり近年の目覚ましい台頭や過去の成功作を鑑みるに、クリエイターの深い関与はこの状況を打破するフォーミュラの1つだったと言えます。

こういった素晴らしい前例に続いて、いよいよビデオゲームの映画化が本当の成功を収める時代がこの10年で到来するか、まずは試金石となる映画“Assassin’s Creed”の仕上がりに大きな期待が掛かるところです。

つまり、ゲームの映画化が失敗しまくっていた原因は、
「ゲーム会社が映画会社に制作を丸投げしていたせい」だったのかお!

ゲーム 映画化に関連した画像-03

ファイナルファンタジー (映画)

『ファイナルファンタジー』は、2001年に公開された世界初のフル3DCGによるSF映画。
ビデオゲーム『ファイナルファンタジー』シリーズの生みの親、坂口博信が手掛けた初の映画作品で、坂口が率いるスクウェア(現スクウェアエニックス)とハリウッドスタッフが手を組み、製作費総額167億円(技術開発費込み)をかけて製作されましました。
興行的な大失敗
2001年6月に公開された米国では、不入りのために公開は数日から数週間で打ち切られた。

制作費1億3700万ドル(157億円)に対して全米での興行収入は3200万ドルであり、これは興行として見た場合、完全な大失敗であります。

最終的な赤字額は『天国の門』や『インチョン!』を上回る約5190万ドルに上った。この記録的大不振は、ギネスブックにも載ってしまうほどであった(実際は本作の6年前に公開された『カットスロートアイランド』が約1億ドルの赤字であるため、ギネス記録そのものという扱いではない)。
米国から3か月遅れで公開された日本においても、

米国での不振が伝わり、失敗作であるという風評が広まっていましました。米国公開の翌月にスタジオジブリの『千と千尋の神隠し』が公開され、後に上映期間が大幅に延長されるほどの空前のヒットとなっていましました。テレビによる広報活動のメイン媒体は日本テレビだったが、同社はスタジオジブリの『千と千尋の神隠し』を推していましました。
など、事前の広報活動に失敗しており、米国同様に早々と打ち切られた。監督の坂口は「せっかくの映像美も字幕のせいで十分に堪能できず吹き替えを上映しなかったことが失敗のひとつ」だと語っています。

これによりスクウェアは130億円もの特別損失を計上し、経理面で窮地に陥った。そのために映画事業からは撤退、他にもテレビアニメ『FF:U ~ファイナルファンタジー:アンリミテッド~』の打ち切りを余儀なくされましました。さらにはソニーコンピュータエンタテインメントなどからの資本参加を余儀なくされる事態になりましました。なお、2005年に発売された映像作品『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン』では映画館での商業上映を行わずにDVDなどメディア媒体での販売に絞った結果、全世界累計出荷本数は360万枚とビデオストレート作品としては異例の記録を樹立しました。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://eatnews.blog.fc2.com/tb.php/298-6600358a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
名前
タイトル
メール
URL

password
管理者にだけ表示を許可

全部失敗と言うほどゲーム原作の映画出てないだろ
精々FFとかバイオぐらいで、トゥームレイダーがまだマシってだけ
叩くならアンチャとかが出てからでも遅くないだろうに

| edit

サイレントヒル

はい論破
| edit

CODでも映画化すればいいのに
なるべく実弾使って米軍協力の下でやればミリオタが見に行くだろ
トランスフォーマーすらミリオタの支持あったんだし
| edit



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。