えんた速報

更新

リンク

カテゴリ

プロフィール

オランプ

Author:オランプ
FC2ブログへようこそ!


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード
QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ビデオゲームの映画化はなぜ失敗するのか、ハリウッドのベテラン2人がビデオゲーム映画が秘める可能性に言及
「映画化」

ビデオゲームをテーマに扱った映画に隠れた名作が多く存在する一方、ビデオゲームの映画化に限っては、“スーパーマリオ 魔界帝国の女神”からルパート・フレンド主演の“Hitman: Agent 47”に至るまで、(愛すべき作品は数あれど)未だ一般的に成功と呼べる作品はほぼ1本も存在しないと言って過言ではない状況が続いています。
現在もラビッツやJust Cause、Borderlands、Minecraft、The Last of Us、Uncharted、テトリス、Splinter Cell、Watch Dogs、Deus Exなど、数多くの映画化が進行するなか、映画“Assassin’s Creed”と“Warcraft”が、かつてマイク・ニューエルとブラッカイマーの“Prince of Persia: The Sands of Time”が越えかけた壁を遂に打ち破るのではないかと大きな期待を集めています。
そんな中、昨日開幕を迎えたDICE Summitにて、ディパーテッドやLEGO ムービーで知られるロイ・リーとHitmanのエイドリアン・アスカーリ監督がビデオゲームの映画化を巡るパネルディスカッションに登壇し、ビデオゲームの映画化が失敗する理由と、ビデオゲーム映画が秘める可能性について、興味深い見解を明らかにしました。
ゲームをプレイしない多くの聴衆に訴求するためにはバランスが必要だと語ったロイ・リーは、映画を作ることそれ自体にオリジナルのIP所有者、つまりパブリッシャーやデベロッパを参加させる必要があると説明しており、同様に(自身が直近でその問題をまさに体現したと言える)エイドリアン・アスカーリ監督は、ビデオゲームの映画化における最大の問題点がその作品を生んだ当のクリエイターと深い関係を持たないことにあると明言。
さらにアスカーリ監督は、近年台頭著しいマーベル映画を例に挙げ、マーベル自身が映画を手掛けはじめたことによって、マーベルは文字通り素晴らしい成功を収めたと説明。ビデオゲーム映画を成功させる最も重要な鍵はここにあると語り、映画製作者には熱烈なビデオゲームファンが存在しており、ここにデベロッパやパブリッシャーが深く関与するべきだと強調しています。
なお、現在共にDeus Exの映画化に取り組んでいるロイ・リーとアスカーリ監督は、この映画化にデベロッパが最初から最後まで非常に深く関与していると語っており、未だ証明はされていないものの、ビデオゲーム映画は次のコミック映画になるだろうとの見解を提示。情熱的なプロデューサーと監督、作家を得たビデオゲーム業界の人々が共に取り組めばこれが実現できるはずだとアピールしました。
さらに、アスカーリ監督は前述した映画版“Assassin’s Creed”が広い聴衆に受け入れられると同時に、シリーズを熟知したファンにも訴求しうる初めてのビデオゲーム映画となる可能性を持っていると語り、自身もそれに期待していると伝えています。
思えば、長い間コミックの映画化についても、ビデオゲームに似た長い冬の時代が続いていましたが、やはり近年の目覚ましい台頭や過去の成功作を鑑みるに、クリエイターの深い関与はこの状況を打破する要因の1つだったと言えます。
同じく、アニメやコミックのビデオゲーム化においても同様の闇が長年に渡って広がっていたことは周知の通りですが、やはりこの壁を打ち破ったのはDCが全面的に協力し、ポール・ディニやジェフ・ジョーンズといった重鎮まで開発に直接参加した“Batman Arkham”シリーズでした。
こういった素晴らしい前例に続いて、いよいよビデオゲームの映画化が本当の成功を収める時代がこの10年で到来するか、まずは試金石となる映画“Assassin’s Creed”の仕上がりに大きな期待が掛かるところです。
余談ながら、映画“Assassin’s Creed”は、Ubisoftが自ら設立したUbisoft Motion Picturesが製作を手掛けるいわゆるインディペンデント(※ ハリウッドメジャー6社に属さない)作品で、主演のお馴染みマイケル・ファスベンダーが自らプロデュースを務めるほか、マイケル・ファスベンダーが設立したプロダクションDMC Filmも製作に参加するなど、文字通りオリジナルのクリエイターとパブリッシャー、映画製作者、超豪華キャストががっぷり四つに組むかつてない体制が話題となっていました。



ビデオゲームの映画化はなぜ失敗するのか、ハリウッドのベテラン2人がビデオゲーム映画が秘める可能性に言及

スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://eatnews.blog.fc2.com/tb.php/299-c8458af8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
名前
タイトル
メール
URL

password
管理者にだけ表示を許可

ダルビッシュ

CAPTURED

戊辰戦争
| edit

布団寝てばかりすると臭いぞ!

特に夏場は寝られねぇ。
| edit

こんなんでいいならVR用のGoogleカードボードみたいなの買ってきてスマホをつけて
真ん中の仕切りをぶち抜けばいいだけ
1000円くらいだしスマホにゲーム画面を映すアプリはいくらでもある
| edit

ヘッドマウントディスプレイ(HMD)は単純に頭に装着するディスプレイって意味
VR-HMDは装着者の動作とHMDに表示する映像を連動させて仮想空間に入ったように感じさせるもの
あとVRHMDは没入感優先で視界の端まで映像表示するから普通の映像作品はちょっと見にくい
ちなみにバーチャルボーイは装着者との動作連動どころか頭に装着することすらできないのに
VRHMDがVBと同じようなものと思われて迷惑だってオキュラスの人が言ってた
| edit

確かにOculusもHMDの一種ではあるけど、製品としての本質は全く別だろうに
これでOculusなどと同様とか誤解与えるような書き方しちゃうのかよPCwatchは
そっちのが驚きだわ
| edit

どうなんだろう 
でも今まで出てきたこれ系って
全然使えなかったからなあ 実機試せないと購入できないよね
実際は大画面モニター使うより
近くで小さい画面見たほうが満足度高いんだよなあ
仕事とか映画とか見るなら話は別だけど
PSVRが普通のモニター機能もあるなら買うかな
| edit

どうでもいいけどなんで目がついてんのこれ・・・
PSVRはよ値段発表してくれー

| edit

ダメ人間になるほどのパソコン馬鹿は大画面4つ並べまで平気でするから一つの画面しか表示しないディスプレイとか需要が無いかと
| edit

長時間装着

ベルト部分が摩擦で、ハゲる


変な形のハゲが増えるぞ
| edit

HMDとVR
当然バーチャルな体験をしたいと思ったときにVRと比べるべくもないけど、FPSとか
あとは俺の場合FF14とかを一人称視点でやった時のその世界にいる感覚はHMDでも十分に感動できるものがある。
ただ俺はソニーのアレを買ったけどコスパはまぁちょっといい値段するわって感じなのは否めなかったけど、二万っていうコスパは遊びで買って後悔しないレベルだと思うわ
| edit

おい品切れじゃねえか
死ねやニートども
| edit

無印とG.U.の劇中アニメでHMDつけてコントローラをカチカチ操作してるのは怖かったな
| edit

VRの台頭に乗っかろうとしてる便乗商品だろうけど、
PSVRやオキュラスリフトの最大の敵は、こういった便乗商品だと思うな
よく知らないで値段だけで選んだ人が、「こんなもんか」とそっぽを向くようになる
| edit

これHDMIって言ってるけど、画質かなりの糞らしいからな^^;
| edit



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。