えんた速報

更新

リンク

カテゴリ

プロフィール

オランプ

Author:オランプ
FC2ブログへようこそ!


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード
QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





小島監督『サイレントヒルズ』開発中止について心境を語る、「エベレストを登る準備を始めるがそれは許されなかった、気分はよくない」
小島監督 サイレントヒルズ 心境に関連した画像-01

小島秀夫氏がKONAMI騒動について比喩的に語る - Damonge

小島秀夫氏は”Silent Hill”シリーズの野心的なリブートをキャンセルになった後、KONAMIの従業員であることを昨年12月にやめKONAMIとの30年もの強い関係を断ち切った。

志し半ばに終わりPlayStation 4ユーザーを大いに悲しませた『P.T.』という作品と『Silent Hills』について彼がどのように感じているのか、今何を思っているのかを小島氏は比喩を使いながら海外メディアに語っています。

「エベレストに登ろうと考えているとしましょう。しかしまずは富士山から始める」と小島氏は語り始める。

「富士山への挑戦はうまくいく。それは大変気分がよかった。次にエベレストをいよいよ登る準備を始めますが、しかしそれは許されない。気分はよくない」

Guillermo del ToroとNorman Reedusもまた小島氏とともにエベレストを登ることを楽しみにしていたが、彼らもまた登ることを許されなかった。小島氏はそれを残念に感じているのだとPolygonに語っています。

『P.T.』が辿った運命について「落胆しています」と小島氏は言う。P.T.がユーザーから高い評価を受けていたこともその感情を強めた要因です。

「Guillermo del ToroとNorman Reedusにちょうど数日前再会しました。彼らは私が最も苦境に立っていたときに凄く支えてくれた」と小島氏は彼らとの関係を振り返る。「死ぬまでに彼らとまた何かをやりたい」
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://eatnews.blog.fc2.com/tb.php/302-6415f6c3
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
名前
タイトル
メール
URL

password
管理者にだけ表示を許可

次回作で監督は鬱憤を晴らせて
俺たち消費者は大満足

これぞwinwin羽生君
| edit

さあ、そろそろ任豚が登場するぞ~!
| edit

会社の金でやろうとしてるんだから当たり前だろ
常識のないやつだ
そんなんだからクソ未完成ゲーしか作れない・・・・
PS信者はゲーム舌が肥えてないからそんなのでも絶賛されるが本物が集う任天堂ハードでは通用しないぞ
| edit

その頃ニシ君は白頭山に登ろうとしていた
| edit

P.Tはスゴイ作品だったな
グラは今でもトップレベルで、怖さもトップレベル。
あの技術に、さらに映画監督や俳優が加わったらPS4最高の神ゲーになり得た。本当に惜しい
| edit

実はあれグラは手を抜いてるんだぜ
製品版はもっとすごいことになってだろうになぁ
ホントクソだわコナミ
| edit

その頃任豚は子供たちが作った砂場の山々を潰し回ってたとさ
| edit

早くても5年後

5年後には30代までスマホ世代が蔓延してて、CS機やる奴はおっさんばかり
主戦場は海外なんだろうけど、その海外もどうなるか不明瞭
| edit


と悔し涙で豚が吠えておりますwww


| edit

出身企業を追い出されて活躍したクリエイターを未だ見たことがない
海外なら成功するだろう、でも日本人では成功を未だ見ない
チームプレイの日本で育った奇才は海外では
| edit

ほんまコナミはクソ
| edit

初めはコナミって酷いなあって
可哀想感あったけど、

あまり言い過ぎると
プロジェクト失敗の原因が自分じゃないって
自分で言ってるようで悲しい

責任背負わない上司にはだれもついていかないよ

| edit



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。